日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

中村亀吉

主な銘柄

津軽娘 玉垂 ねぶた囃子

当蔵は創業大正2年。酒名の「玉垂(たまだれ)」は明治維新の英傑勝海舟と親交のあった弘前市の本行寺(ほんぎょうじ)の嘗ての住職日熙上人(にちきしょうにん)が、洞窟の中で座禅を組み修行に励んでいた際に、したたり落ちた(垂れた)岩雫(玉)が住職の唇をぬらし、それが余りにも美味だったという故事に因んで命名しました。未来志向の中で時代の動向に即応した品質本意を重視した酒造を貫徹する。消費者社会のニーズを適格に捉え適切に対応しながら、消費者から愛され、親しまれ、好まれる「こだわりの酒」を提供する。

会社名中村亀吉
住所青森県中町12番地 【地図
電話番号0172-52-3361
新着記事

酒と鮨の千一夜 ~第一夜・佐渡の寒鰤と鍋島山田錦~

2019/01/03 |

酒と鮨の千一夜 ~プロローグ・前夜~

2018/12/22 |

【播州一献】兵庫県宍粟市・山陽盃酒造への義援金口座が開設されました。  

2018/11/20 | 友美

あなたはもうすぐ死にます。最期に飲みたいお酒を選んでください。【友美の日本酒コラム010】おとついからの二日酔い

2018/10/29 | 友美

日本酒蔵見学ツアー&マリアージュ体験レポート(「天青」熊澤酒造・神奈川県茅ケ崎市)

2018/09/18 | 友美

【後編】杜氏の今持つすべてを表現したスパークリング日本酒・七賢「EXPRESSION2018」

2018/09/16 | 友美

【前編】世界初・古酒を使った貴醸酒スパークリング日本酒、七賢「EXPRESSION2018」が誕生!

2018/09/16 | 友美

マルミ北栄商店(札幌市東区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/15 | 友美

わたしは震災の夜、鍋島を飲んでいた。【友美の日本酒コラム009】おとついからの二日酔い

2018/09/15 | 友美

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/12 | 友美
スタッフ募集