日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒の職人は杜氏だけではない?いろいろな肩書きの人を知ろう!

掲載

日本酒の職人は杜氏だけではない?いろいろな肩書きの人を知ろう!

日本が誇るべき醸造酒、日本酒。美味しい日本酒を造るためには、米や水、酵母の選抜などさまざまな必要な要素が必要です。

しかし、日本酒造りに最も大切なことは、杜氏の腕にほかなりません。ワインも造り手の力量が重要視されますが、原料のブドウが最高品質で極端な話、教科書通りの醸造をすれば美味しいワインはできあがります。

しかし、日本酒の場合、杜氏の腕前によってその品質が大きく変わってきます。今回、そんな杜氏さんには、どういった種類の人がいるのかをご紹介しましょう。

杜氏はリーダー?

日本酒の職人は杜氏だけではない?いろいろな肩書きの人を知ろう!

実は、日本酒を造っている人を全て杜氏と思っている方が多いのですが、実は杜氏は日本酒を製造するチームのリーダーの方だけにつけられている肩書きです。

つまり、蔵元の製造部門の最高責任者といったところで、その下で働いている人たちはまた別の肩書きが用意されています。例えば、副社長的な役割が頭(かしら)と呼ばれている人です。

これは、杜氏からの指示を製造チームに伝えていく伝播係をしています。また、日本酒づくりで米の次に重要であり、仕込み水の管理もこに頭が行っています。

いろいろな役割がある?

日本酒の職人は杜氏だけではない?いろいろな肩書きの人を知ろう!

日本酒造りの工程を事細かに調べたことがある方であれば知っていると思いますが、日本酒にはかなりの複雑な工程があります。

実は、杜氏以下、製造チームにはそれぞれに担当者がおり、肩書きもその工程名にちなんだものとなっています。

麹屋は麹用の蒸し米の取り込みを行う麹室の責任者です。そして、酛屋は酛造りの責任者でありもろみ仕込みお行います。そうなると、釜屋が蒸し米の管理、釜のたき付けなどの役割を持ち、炭屋がろ過をする担当というように、分かっていくはずです。

特殊な肩書き

上槽を担当する船頭や道具を管理する道具廻、洗い物や洗米、水汲みをする追米など、ユニークなネーミングの肩書きの 職人も日本酒で働いています。

実は、蔵元によっては食事を用意するための人や風呂焚をする人、宿舎の掃除など、学生寮を守っているような方々も存在しています。職人気質のオジさんが数人でやっている…と、思われがちな日本酒の蔵元ですが、実は昔からしっかりと階級制度が制定されていたのです。

杜氏はスーパースター?

近頃、若い杜氏さんがもてはやされる傾向にありますが、それはメディアに出るようになったこともしかり、こういった作業をする人たちの頂点だからです。

杜氏さんが、「こういった酒を造りたい」といえば、その酒質に向けて全ての職人がそれを目指して日本酒をつくるのです。ぜひ、杜氏の世界にも目を向けて日本酒を楽しんでみてください。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター ナカゴミコウイチ

ナカゴミコウイチ

山梨県出身。ワインジャーナリスト・酒ライター
ワイン専門ながら、酒好きは日本酒が入り口。世界に類を見ないお酒である日本酒のお役立ちネタを提供いたします。

スタッフ募集