日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

升の魅力をたっぷり味わおう!日本酒と升の知られざる関係性!

掲載

升の魅力をたっぷり味わおう!日本酒と升の知られざる関係性!

お酒という飲み物は不思議なもので、飲むグラスや酒器を変えるだけで、同じ酒でありながらも味わいが大きく変わります。

同じ大吟醸酒でありながらも、不思議なことにワイングラスとお猪口だと、香りの広がり方が全く変わるため、酒好きの方は酒器にもかなりのこだわりを持っています。

さて、そんな中、日本酒だけにしか合わない、といわれているのが升です。今回、日本酒と升の関係、そして楽しみ方を紹介していきましょう。

調和が楽しめる器

升の魅力をたっぷり味わおう!日本酒と升の知られざる関係性!

今の時代、日本酒だけではなく、それぞれの酒類を最大限美味しく飲めるように、開発されたグラスが販売されています。

しかし、升と日本酒の関係性はそういった、科学や研究から導き出されたグラスとの相性では図りきれない、見えない絆で結ばれていると言っても過言ではありません。

まず、日本酒と升の関係は、酒の風味、升の香り、口触りがかけ算となって独特の旨さを導き出します。

升の香りが強過ぎるという人もいますが、不思議とどんな日本酒でも升の香りがプラスされると、一段と美味しくなるのですから面白いところです。理屈ではない、この相性の良さこそ、升の魅力でしょう。

飲み方のマナー

升の魅力をたっぷり味わおう!日本酒と升の知られざる関係性!

日本酒を升に注ぐと、“升酒”と呼ばれるようになるわけですが、升酒にも一応飲み方のマナーがあります。

日本では、まだ正式な場で升酒が振る舞われるため、美味しいからといって自由な飲み方をすると、マナー違反と思われてしまうことがありますので、注意が必要です。正しい飲み方としては、親指を軽く縁に添え、平面部分から飲むということです。また、4つの指は升の底に添えるとより美しいでしょう。

つまり、升をわしづかみで飲んでしまうのは、多くの人がやりがちなのですがマナー違反です。さらに、飲みやすいのですが角から飲むこともマナー違反です。気心知れた仲間たちとの飲み会であれば、問題ないでしょうが、目上の方は公式の場では注意が必要です。

樽酒と升の相性の良さ

瓶詰めされた、一般的な日本酒と升の相性は抜群です。しかし、升酒を思う存分楽しみたい方は、樽酒と升に注ぐ、という飲み方がおすすめです。

どちらも、木材の香りがかなり強いため、人によっては片方だけ強いと飲みにくい、ということを言われる方がいます。

それぞれの個性を消すのではなく、逆に思い切りぶつからせてみる、ということの成功例が、樽酒と升の相性です。升酒は、なかなか若い人だと敬遠しがちですが、ぜひ日本酒を好きになったのであれば、試してほしい珠玉の飲み方のひとつです。

ライター プロフィール

日本酒ライター ナカゴミコウイチ

ナカゴミコウイチ

山梨県出身。ワインジャーナリスト・酒ライター
ワイン専門ながら、酒好きは日本酒が入り口。世界に類を見ないお酒である日本酒のお役立ちネタを提供いたします。

日本酒蔵一覧

赤武酒造
赤武酒造 岩手県 浜娘
清洲桜醸造
清洲桜醸造 愛知県 清洲城信長鬼ころし
NO IMAGE
明星酒造 徳島県 阿波鶴
有光酒造場
有光酒造場 高知県 玉川 安芸虎
笹の川酒造
笹の川酒造 福島県 笹の川
佐浦
佐浦 浦霞
近藤酒造
近藤酒造 群馬県 赤城山
齋彌酒造店
齋彌酒造店 秋田県 由利正宗 雪の茅舎
宗玄酒造
宗玄酒造 石川県 宗玄
大和蔵酒造
大和蔵酒造 宮城県 雪の松島 大和蔵
吉村秀雄商店
吉村秀雄商店 日本城 亀の歩み 鉄砲隊 車坂 黒潮波
松井酒造
松井酒造 京都府 神蔵 今日千歳 冨士千歳 金瓢
秋田県醗酵工業
秋田県醗酵工業 秋田県 一滴千両
丸竹酒造店
丸竹酒造店 青森県 菊水 白神の郷 白神ロマンの宴
大信州酒造
大信州酒造 長野県 大信州
スタッフ募集