日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

美しい宝石のような猪口の名は 『旅する猪口』

掲載

発想がユニークな多機能猪口

今までにない斬新な発想からできた、美しすぎる猪口ができました。その名は『旅する猪口』。
なぜ旅するかって? それは1つの猪口の形状が徐々にふくらみを変化させ、トランペット、白ワイン、赤ワインの3つの呑み口を兼ね備えているんです!! だから1つの日本酒でも、違う飲み口を感じることができ、反対に日本酒によって違う1番合う飲み口を見つけることもできます、1つの猪口の中に、そのお酒が最高に美味しくなるポイントが隠されているから、まるで旅するように自分だけの楽しみ方を見つけることができる猪口なんです。
素材は錫。ずっしり分厚く重厚感ある錫の美しさは宝石級。日本酒好きならお気に入りのマイ猪口になること間違いなし。器好き、キラキラ好きの方から見ても、魅力たっぷりの逸品です。

美しい宝石のような猪口の名は 『旅する猪口』

伝統と新発想の融合

発売は、 NAGAE+(ナガエブリュス)というライフスタイルブランド。母体は富山県の歴史深い金属加工技術を土台に、時代にフィットするモノ作りと、デザイン性が高い美の発想を積極的に取り入れている。『旅する猪口』は、日本の酒文化の発展を牽引している、美しき日本酒スタイリスト島田律子さんの監修により作られました。フォルムや色の美しさだけでなく、日本酒のプロが発想する理論に基づいた素晴らしい機能を楽しめる商品です。
片手で包むようすっぽりはまる大きさも、ずっしりした重みもなんだか心地いい。錫は熱伝導率がいい素材なので、冷や、熱燗の温度をいつまでもそのまま楽しむことができる優れた素材。いいこと尽くめの猪口です。

美しい宝石のような猪口の名は 『旅する猪口』

是非皆さんもお好きな日本酒を、「旅する猪口」で味わってみてください。ご家庭でも、旅先でも、イベントでも活躍すること間違いなしです。酒器集めも楽しくなりますよ。

こちらで購入できます。
REAL JPN PROJECT ☎0120-965-905
https://www.realjapanstore.com/fs/rjps/0097r030

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

酒美酔(すみよ)

酒美酔(すみよ)

フリーライター/エディター
月刊女性誌の企画ライター。蕎麦ソムリエ、日本酒コーディネーターでもあり、日本酒への愛が深く、食と人とのSTORYを探求している。

スタッフ募集