日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

好みの日本酒に出会うためにボトルの味わいを読み解こう!

掲載

お酒の名前に「生」がついていても、すべて同じではありません

生ビールのように、日本酒にも生酒、生原酒、生詰、生貯蔵…など、『生』が名前についているものがいろいろあります。その違いはどこでしょう? 違いがわかると、日本酒選びもグッと楽しくなり、飲みたかったお酒、今まで知らなかった味に出会えるかもしれません。特に、日本酒はおやじの飲み物と思っているあなたに。

・原酒:搾ったお酒を水で割らない。
・生酒:搾ったお酒を熱処理しない。(火入れしない)
加熱、加水のどちらもしないものを生原酒と呼びます。

加水や醸造アルコールを添加しても、火入れをしていなければ生酒と呼ぶので、要注意です。
生酒は文字通り生のお酒で、温度による劣化が激しいため、通常要冷蔵です。また、しぼりたての生酒と、いったん氷温保存したものでも味は変化します。その上、缶ビールのように1回に飲みきることが難しい日本酒では特に、購入後栓を開いた後の保存方法が問われます。保存方法とその期間により味も変化していきます。

・生詰酒は、貯蔵前に火入れを行い、瓶詰めの際には火入れをしないお酒。
・生貯蔵酒は、搾ったお酒は火入れせず貯蔵し、出荷の際に火入れを行うお酒。

「生」と表記されていないものは、更に管理が簡単な常温保存可能なお酒で、2度火入れがしてあります。保存の温度による変化も比較的受けにくいメリットはありますが、適度な熟成感と落ち着きが特徴となり、生酒、生原酒のようなフレッシュさとは別の味わいになります。

好みの日本酒に出会うために ボトルの味わいを読み解こう!

出荷の時期を表す言葉で味の予想もできます

日本酒は出荷の時期で同じ銘柄でも味が変化する、まるで生きもののようなものです。
「新酒」秋に収穫された新米で仕込み、熟成する前に出荷されるお酒で新春から春先が主流でしたが最近では年内のうちから出荷する酒蔵も増え、フレッシュではつらつとしたタイプが多く、冬の到来とお正月のおめでたさを彷彿とさせますね。無濾過生原酒、にごり酒、おりがらみなど。

「夏酒」比較的新しい分類で、夏は日本酒の売り上げも低迷しがちなので、爽やかでスッキリしたタイプを夏酒と命名し出荷しています。

「ひやおろし」春先に搾った新酒に、1回火入れをして熟成させたお酒。一定の期間熟成を終えたお酒は、旨味が増して滑らかな味わいに変化していることが多い。

「古酒」醸造後3年以上の熟成期間を経たお酒で、保存や温度の条件により様々な外見と風味のバランスに辿り着きます。

また、搾り方の違いで「あらばしり」「中汲み」「責め」、製法の違いでは「生酛」「山廃」などの分別もあります。そして原料となる米と麹のブランド、米の磨きの違い、土地の気候……
この多様な選択肢のなかで人の手にかかり作られた日本酒の種類は無限大であり、酒蔵の数と掛け合わせたら一生かかってもすべての日本酒を呑みきれないかもしれませんが、ときめく出会いも無限に広がっています。
そのなかで、購入するにせよ、飲食店で注文するにせよ、好みの日本酒と出会うには、基本的な日本酒用語を知っていることが手がかりになります。よい出会いを不意にしないコツがここにあります。

好みの日本酒に出会うために ボトルの味わいを読み解こう!

近年約10年程度で、日本酒の製法や酵母が進化し、今までの日本酒の概念を覆す商品が増え、伝統の奥深さとモダンで新感覚な味わいが両立した日本酒が人気を高めています。昔は日本酒が苦手だった女性や若い世代、国を超えて世界からも注目を受けるようになった日本酒の魅力を感じてくださいね。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

酒美酔(すみよ)

酒美酔(すみよ)

フリーライター/エディター
月刊女性誌の企画ライター。蕎麦ソムリエ、日本酒コーディネーターでもあり、日本酒への愛が深く、食と人とのSTORYを探求している。

スタッフ募集