日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

酒と鮨の千一夜・第十二夜~梅雨の王者・伊佐木&お酒のおばけ・文佳人 夏純吟~

手際よく 握りて旬の 梅雨鶏魚(いさき) 安川 椢雲 酒と鮨の千一夜、第九夜にて「磯の王者」として、石鯛。 また、第九夜おしまいのページで・・・「陸の王者」慶応をご紹介した。 今回のいさぎはまさに「梅

<Work Rice Balance ~仕事と日本酒と人生を味わうエッセイ 005~> 禁断の果実を日本酒で

忙しい時は食事がバタバタしがち。 朝はご飯をかきこんで子どもの送迎準備に取り掛かる。早く起きればもっと余裕ができるのに、といった自省は、「ギリギリまで寝てたいし!」という欲望の前に無かったことに。 会

街中で酒を何食わぬ顔で飲みたい!願いを叶えてくれたのは、AI搭載ボトル「SMART BOTTLE SGUAI」

法律でしてはいけない、と決まっている訳ではないけれど、街中でお酒を飲むのってちょっとだけ人目が気になる。 特に昼間のストロング缶、ワンカップ、鬼ころし。この辺のいわゆる「ヤベー酒」。ほろよいならかわい

酒と鮨の千一夜・第十一夜 ~夏の奇跡3×3×3×3 鱧と鍋島~

令和元年五月十一日、高松すし秀カウンターにて夏の奇跡の3×3×3×3が揃いました。夏の奇跡をお送りいたします。さて、4個の3が何なのか、ご説明いたしましょう。 先ず、本日の握りのメイン鱧、鱧の湯引きを

新宿三丁目で日本酒3種類を1000円で飲み比べ!平日の昼間から飲める【日本酒スタンド酛moto】

新宿三丁目にいくのは大抵、お昼の時間を新宿東口で過ごしたときだ。 ルミネで服を見たり、カフェに行ったりした夜。ご飯を食べて酒が飲みたい!だけど歌舞伎町方面は行きたくない!西口まで行くのめんどう!東口で

酒と鮨の千一夜 ~第十夜・幻か日本一か赤うに&醸し人九平次human~

「男性でも女性でもない。国境や民族や文化でもない。そんな、すべての境界を飛び越えていける日本酒でありたい。」 そう志して醸しました。 軽やかに、高らかに、笑い声が降り注ぐ。 そんな純米大吟醸になりまし

京都一の傳本店で味わう「11種の日本酒ペアリングセット」

京都一の傳は、創業から90余年、本当に美味しい西京漬を追い求めて一心に西京漬をつくり続けている西京漬専門店です。 錦市場のほど近くに位置する本店では、旬の食材を使用した京懐石「月替わりのおもてなし料理

<Work Rice Balance ~仕事と日本酒と人生を味わうエッセイ 004~> ラベルをまとって

部下を持つようになってからは、自分の「見え方」にそれなりに気を遣うようになった。 やることをやればいい、というわけでもない。ストレスを溜めて外界をシャットアウトする空気を漂わせていたら、質問も相談もし

茶と日本酒の会【茶と米の淡味求新】で体感、茶と日本酒の新しい可能性!

6月某日、WBSなどでも放送され、注目を集めるWAKAZE三軒茶屋醸造所にて、異色のイベントが開催されました! きっかけは筆者に中国茶、台湾茶の魅力を教えてくださったThe Tea Companyの茶

「北海道産酒Barかま田」で酒浸り!150種類以上の日本酒がすすきので飲める!

すすきのにある「北海道産酒Barかま田」。ここで、北海道のお酒がたらふく飲めると地元の友人に聞いたので、早速行ってきた。 名刺の量がすごい。端から端まで全部ください!ができちゃうやつ。 ラベルに書いて
酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。
スタッフ募集