日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒講座×英語学習が開催!急いで予約して!【 ホビングリッシュ:ENGLISH×日本酒講座 】 2019/2/28・3/3開催!

日本酒が好き、2020年に向けて英語で話せるようになりたい! 業界向け講座ばっかり!個人向けはないの?という方に絶好の講座情報が入ってきたのでご紹介します! 開催概要 ■企画:【 ホビングリッシュ

台湾産日本酒「玉泉」を味わってみた!現地の酒造メーカーや飲酒習慣から見る日本との違い

国税庁の調査によれば、日本の酒蔵は全国で1400以上ありますが、日本酒は日本だけで造られているわけでは限りません。「月桂冠」のようにアメリカに工場を持つ日本メーカーもあれば、ニュージーランド「全黒」の

東京から近い!茨城の恵みが生んだ幸せの日本酒

青木酒造は天保2年(1831年)に茨城県古河市で創業し、現在では古河唯一の地酒を造る酒屋として代々受け継いできた土地と伝統を守っている酒蔵です。 新宿駅からわずか1時間10分ほどで古河駅に到着。 さら

7号酵母発症の蔵・宮坂醸造が7の日に新酒試飲会ー「お客様一人一人と向き合うことを大切にする」

長野県上諏訪市にある「宮坂醸造」が2月7日、埼玉県鶴ヶ島市の酒屋「キングショップ誠屋」で新酒試飲会を開催しました。蔵元にとっては、大きなイベントで大勢の来場者に接するだけで無く、少人数のお客とじっくり

「播州一献」蔵人日誌1《ネット誤報の先を行け!戦場カメラマンの誕生》

前回:「播州一献」蔵人日誌・まえがき《ライターが火災蔵の蔵人になるまで》   ネットニュースを見れば、炎と白煙高く上がっている衝撃的な写真、やがて上空にヘリコプターが旋回し、焼き尽くされてい

酒と鮨の千一夜~第三夜・伊吹の赤貝と悦凱陣 興~

若い頃、すきやばし次郎に憧れて、その写真集を購入したことがありました。写真集には店の構え、誂えから始まり、代表的な鮨種も写真で掲載されていました。ネタについては、その産地も書かれておりました。その頃は

土佐の銘酒・司牡丹の『今絞り』を堪能!

皆さんこんにちは、Reinaです。 早いものでもう2月・・・そろそろ新年会も落ち着いた頃でしょうか。 さて、今回の記事は「今絞り」!! 皆さん、「今絞り」って聞いたこと、体験したことがありますか? 先

長岡市・栃尾名物「油揚げ」と専用日本酒のマリアージュ

こんにちは!旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあと申します。 薬膳やカラーの発想を取り入れて食卓をつくるフードディレクターとしても活

搾りたての日本酒を当日中に飲める「立春朝搾り」!「埼玉VS千葉」飲み比べで一人盛り上がった

旧暦の正月・立春の日に飲むお祝いの日本酒「立春朝搾り」が2月4日、北は北海道から南は九州まで全国45蔵で展開されています。「新政」や「開華」、「司牡丹」など多くの蔵が名前を連ねる同活動は日本名門酒会の

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ32 さわらの薬味そぼろ

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 薬膳やカラーの発想を取り入れて食卓をつくるフードディレクターとしても活動しながら、大阪に
酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。
スタッフ募集